1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 外装工事 >
  4. 適材適所の外壁リフォーム

ブログ

適材適所の外壁リフォーム

秋田市 東通の歯科医院様 延床86坪の外壁張替え工事が完了しました。

2月25日からスタートして約1.5カ月 

長年外壁とコーキングの劣化から漏水に悩んでこられたS様宅でしたが、既存外壁を剥がし、透湿防水シートの張替えを行い防水処理を補強することで雨漏れの悩みが解消されました。

完成写真
DSC_0076
画像


改修前写真
DSC_0145
IMG_5279

改修前は、鉄骨造用のラムダサイディング17mmの窯業系サイディングのため凍害によるが外壁劣化が激しく起こっておりました。
DSC_0129
コーキングの耐用年数も過ぎ劣化しておりました。
画像

凍害は、寒冷地においてコンクリートやセメント中の水分が外気温差や日の光などの影響を繰り返し受けることで、水分の膨張圧により、コンクリートにヒビ割れや剥離が発生します。窯業サイディングの原料として、セメントなどが含まれているため、凍害になりやすくなっています。

原因は、外壁の劣化もありますが、やはり水分が外壁に入り込まないように施工することや外壁通気工法がしっかりと施工されていることなど、施工不良により起こることも多々あります。

医院の入り口部分は、無垢板チーク材で暖かい雰囲気としました。
DSC_0069

外壁張替え工事と共にカーポートを造作しました。
DSC_0067


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):